苗場山と周辺の山
苗場山 ナエバサン 標 高 2145m 日本百名山 山 域 三国山地
赤倉山 アカクラヤマ 標 高 1939m 北信の里山 山 域
龍ノ峰 リュウノミネ 標 高 2036m 山 域
登 山 記 録
登山月日 2020年7月30日〜31日
登山経路 7月30日
小赤沢三合目5:15〜坪場8:25〜苗場山山頂ヒュッテ9:40/9:55〜赤倉山分岐10:10〜赤湯谷11:00〜赤倉山12:45/12:55〜龍ノ峰15:15〜苗場山15:55〜山頂ヒュッテ16:00
7月31日
苗場山山頂ヒュッテ6:55〜坪場7:55/8:00〜小赤沢三合目10:25
行動時間 7月30日 10時間45分 7月31日 3時間30分 合計 14時間15分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候 7月30日 雨/曇 7月31日 曇・晴
メンバー 単独
情   報
アクセス 小赤沢三合目登山口まで快適山岳道路
トレイル 坪場までは巨石・デイ根井の悪路 湿原には木道 赤倉山迄は草の被さる煩い道も登山道ある
水場・トイレ 沢編み図取れるが飲用は?toiletは登山口と山頂ヒュッテにある
その他 赤倉山までは赤湯谷など見どころ満載の自然が残る
山行記


小赤沢三合目登山口と七合目付近の鎖場


坪場で湿原に登りつく


赤倉山分岐・苗場山頂モニュメント


苗場山山頂ヒュッテ・一等三角点の山頂



第一日目
前夜は登山口の小赤沢3合目の駐車場で車中泊した。雨が完全に上がらない中、雨着を着て傘さして登山道に入った。登山道に入るとすぐに三合目の標識が有り、四合目までの距離とコースタイムが表示されていた。その先も各合目ごとに距離と時間が表示されていてとても良い目安であった。四合目まで来ると雨が本降りになって、シラビソの大木の下で傘さしながら暫し雨宿りをした。小屋泊まりであるが寝袋持参を指示されて、重くはないが重い気持ちで水の流れるゴーロの沢を黙々と歩いた。六合目からは少しトラバースして七合目付近からは岩稜帯になって鎖場も連続していた。各合目で休憩をとりながらゆっくり(今の自分には精一杯)登り、湿原入口の坪場には3時間以上かかって登りついた。霧にけぶる中の木道を少し進むと和山への分岐標識が有ったので赤倉山への分岐かと思い湿原の中の掘割の道を少し下ってしまった。和山への道はすぐに沢に入っていたので間違いに気づいて木道に戻った。九合目標識の先で木道が終わりシラビソ林の中巨石の岩ゴロの道となって最後の難行である。再び木道に出ると赤倉山への分岐標識が立っていた。ここまで来たら山頂ヒュッテまで行ってザックをデポすることにした。よく整備された木道を15分ほど歩いて苗場山山頂ヒュッテに到着した。13年前↓の記録を見ると日帰りした句とは言え2時間40分で登りついていたのに今日は4時間半も掛かっていた。
小屋番お出迎えを受け赤倉山を往復してくることを伝えサブザックに食料と飲料を入れて軽荷でヒュッテを出た。木道を分岐に下り赤倉山への道に入るとすぐに苗場神社の祠が有った。その先には手付かずの自然の残る湿原が広がっていた。整備された木道を終点まで進むと龍ノ峰付近であるが、龍ノ峰を特定できず通り過ぎてしまった。草の被さる登山道は水浸しで登山靴も濡れるに任すしかなかった。シラビソの低木帯を過ぎると左側が切れ落ちた赤湯谷である。ニッコウキスゲが見ごろの稜線には小さな湿田も見え、今まだ歩いてきた苗場山とは一味違う趣である。草地の稜線を過ぎると樹林帯に入って大きく下って行く。下り勾配になるたびにGPSで位置確認しながら前進した。ヒュッテから2時間ちょいと思っていたが、赤倉山が見えてこない「まだかまだか」と思いながら歩いて最後は草叢の登山道を100mほど標高を上げてようやく赤倉山山頂に着いた。苗場山山頂ヒュッテからは2時間50分もかかっていて少々焦りを覚える赤倉山であった。軽食を摂りながら10分ほど休憩し往路を戻る。疲労も激しいので1時間に一度はしっかり休憩取ろうと決めて歩いた。赤湯谷までは目標通りに歩けて先が見えると安堵した。シラビソの低木帯に入り龍ノ峰付近に来て龍ノ峰三角点を探したが残念ながら龍ノ峰三角点を探すことが出来なかった。木道に入って痛い腰とひざをかばいながらもゆっくりと歩いて山頂ヒュッテには赤倉山から3時間ジャスト掛かって戻ることが出来た。山頂ヒュッテから1分の苗場山山頂の一等三角点を踏んでヒュッテに戻った。
新型コロナ感染防止対策をしたヒュッテに泊まる今日の登山者は6人であった。ヒュッテでビールを買って持参した日本酒を飲みながら寛いだ。粗末な小屋飯の夕飯を食べて小屋裏の展望台からSNSに投稿した後はヒュッテに戻って寝袋に潜り込んだ。

第二日目
苗場山山頂ヒュッテの夜は寝袋一つで寒くはないが、エアーマットを忘れてきたために背中に痛みが有ってよくは眠れなかった。夜半からは雨が降り続き朝には屋根を叩く音が聞こえるほどの降りであった。6時にはこれまた粗末の朝食を頂きパッキングを済ませて濡れるのを覚悟で7時前にヒュッテを出た。「10分も歩けばずぶ濡れだな」と思って傘さしながら小屋を出たが激的に雨が上がって傘ささずに木道を下ることが出来た。坪場まで来ると日も差すほどに回復してきた。八合までは雨水を集めて沢状態の登山道であった。鎖場を慎重に下り、登ってくる登山者とスライドしながら各合目で休憩を挟みながら小赤沢の登山口に下った。2時間半もあれば下れる道を3時間半も掛かっていて疲労もピークに達していた。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」を思い知らされた苗場山・赤倉山登山であった。




苗場山神社・湿原から苗場山頂


龍ノ峰付近の湿原


龍ノ峰付近の登山道・ニッコウキスゲ咲く赤湯谷


草叢の登山道を歩いて赤倉山へ



苗場山 ナエバサン 標 高 2145m 日本百名山

山 域

三国山地
神楽ケ峰 カグラガミネ 標 高 2030m

山 域

三国山地
霧ノ塔 キリノトウ 標 高 1994m 花の百名山

山 域

三国山地
登 山 記 録
登山月日 2007年6月23日
登山経路 秋山郷・小赤沢三合目5:25〜坪場7:20〜苗場山8:05/8:20〜神楽ガ峰9:15〜上ノ芝(小松原)分岐9:30〜大日陰山10:20〜霧ノ塔10:30/10:45〜神楽ガ峰12:00〜苗場山13:20/13:30〜小赤沢15:40
行動時間 合計 10時間15分 (休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 登山口まで舗装道路
トレイル 坪場までは泥濘巨石の悪路 山上湿原は木道が続く 祓川(和田小屋)への登山道は割合整備されているが小松原分岐〜先は余り踏まれてはいない
水場・トイレ 水場は登山道脇にいくつかある トイレは登山口と山頂小屋で
その他 苗場山の高層湿原は日本一だ

山行記


左から苗場山・大日陰山・霧ノ塔山頂


苗場山頂も霧ノ塔側から見ると


神楽が峰から見る霧ノ塔と高層湿原の苗場山山上


花の名山を彩る

志賀高原から奥志賀スーパー林道を秋山郷に入り、登山口の小赤沢には早朝5時の到着となった。深夜2時に家をでたから3時間の所要時間であった。雪が消えれば津南町経由よりこの道が秘境・秋山郷への最短コースである。登山口には3台の車がとまっていたが苗場山への先行者か根曲竹などの山菜取りかは定かではない。
7年前にムスコと来た時はまだ残雪があり、道を間違えたことが頭をよぎる。泥濘を覚悟してゴム長靴で登山道に入る。雪の少なかった今年は、もう登山道の雪は完全に消えていた。登山道は巨石と泥濘の中であって、悪路が続く。八合目を過ぎると山上湿原の一角。・坪場に到着した。まだ少し早い高層湿原でチングルマなどの早咲きの花が少し開いていた。木道を進み山頂の山小屋遊仙閣には登山口から2時間40分で到着した。前回は雪ノ下であった一等三角点をカメラに収めることが出来た。
小屋の前のベンチで朝食をとりながらしばし休憩し、今回の目標である花の名山・霧ノ塔への道に入る。湿原の木道を僅かに進むと神楽ヶ峰への鞍部に100mくらい下る。鞍部はお花畑になっていて、今はシラネアオイとキヌガサソウが花開いていた。登り返しの神楽ガ峰の山腹には「雷清水」の水場があり、和田小屋から登ってきた登山者が休んでいた。こちらからの登山者が多いようだ。
神楽ガ峰から僅かで霧ノ塔・小松原湿原への縦走路上ノ芝分岐だ。ここから先はまだ所々に雪渓が残る上、余り踏まれていない登山道である。それでも迷う心配は全然ない。霧ノ塔かと間違える大日陰山を越えて僅かに進むと稜線の途中に突然霧ノ塔の看板と小さな三等三角点が現れてビックリする。「なーんだ霧ノ塔とはこんなところか」と、名前の割りに地味な山頂に少しがっかりする。
ザックを下ろし、周囲を見渡しながら花の名山の花探しをするが、代表花のトキソウなどはどこにも見あたらない。私は見たことも無い花だからどこかに咲いていてもそれを特定することは出来ないが・・・。
小松原湿原まで2時間の案内看板が出ていたが車の回収を考えれば来た道を戻らなければならない。平らな山頂の苗場山ばかりが頭にあったが、こちらから眺める苗場山は結構荒々しい山容を見せていた。
帰路は適度に休憩を挟みながらそして湿原や登山道脇に咲く花を見ながらゆっくりと下った。


山行の記録に戻る