中信高原の山
(蓼科山・美ヶ原・三峰山・霧ケ峰・大笹峰・大出山
・霧訪山・鉢伏山・高ボッチ)

蓼科山 タテシナヤマ 標 高 2530m 日本百名山

山 域

中信・八ヶ岳
登 山 記 録
登山月日 2011年8月24日
登山経路 大河原峠11:00〜将軍平12:20〜蓼科山山頂12:55/13:30〜将軍平13:50〜大河原峠14:45
行動時間 登り 1時間55分 下り 1時間15分 合計 3時間45分 (休憩時間を含む)
天  候 晴・曇
メンバー  

情  報

アクセス 大河原峠は夢の平林道が整備された蓼科スカイラインの最高部 
トレイル シラビソ林の中緩く登ってゆくが将軍平からは巨石の急坂
水場・トイレ 水場はないが大河原峠・将軍平・山頂にトイレ完備のヒュッテがある
その他 山頂は巨石累々の台地が広がる

山行記


標高2100mの大河原峠から見る浅間山方面


将軍平から急坂の巨石を縫って山頂ヒュッテへ


一等三角点の山頂は巨石累々の円形台地

佐久市の旧望月町の春日渓谷から仙境都市に入る道路は(以前は有料道路)通行止めであった。春日温泉から右に延びる道路を「望月少年自然の家」への案内看板に導かれながら進み、林道に入って更に進むとやがて夢の平林道に合流する。春日渓谷を走る道路が通行止めになっていることを知らなかった為に随分と遠回りした。女神湖からの夢の平林道コースに比べかれこれ30分以上はロスしたようだ。

夢の平林道は完全舗装されて蓼科スカイラインと名前を変えてあり、最高部の大河原峠は既に標高2100mもあり、蓼科山頂までは標高差500mである。公衆トイレも整備されていて営業中のヒュッテもある。こんな高い場所の近くには高級別荘地の蓼科仙境都市がある。

登山道に入ると前掛山への緩いながらもゴーロの沢筋を登ってゆく。周りは若木のシラビソ林で間引いてやらなければと思うほどである。やがて前掛山の最高点を過ぎ緩く下って将軍平に付く。ヒュッテでは多くの登山者が休憩していた。将軍平からは一気に傾斜を増して、巨石の道をよじ登る。40分ほど巨石を縫って山頂ヒュッテに登りつくと、一等三角点へはわずかな時間であった。山頂は直径100mくらいの円形の台地で巨石累々とした、異様な光景である。10数年前、初めて登った時は残雪の時期で、今回のこの山頂には新しい感動を覚えた。
昼食休憩の後、巨石の山頂を散策、巨石の間のわずかな土からはアキノキリンソウが花開いていた。下山は往路を少し急ぎ足で戻った。北八ヶ岳の散策は次の楽しみとした。


美ヶ原 ウツクシガハラ 標 高 2034m 日本百名山

山 域

中信高原
登 山 記 録
登山月日 2011年6月26日
登山経路 高原散策山本小屋〜王ヶ頭〜王ヶ鼻〜自然保護センタ〜王ヶ頭〜山本小屋〜牛伏山〜山本小屋 
10:50〜14:50
行動時間 合計 4時間 (休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス ビーナスラインの終点
トレイル 遊歩道整備されている
水場・トイレ 高原の各所にある
その他 花々も豊富な快適なハイキングコース

山行記


梅雨時に咲く花々を観賞する為に十年ぶりに美ヶ原高原に来た。思い出どおりの牧場の景色が広がっていた。山本小屋〜ウツクシの塔〜王ヶ頭〜王が鼻と牧柵脇の歩道を歩き王ヶ鼻で昼食休憩する。一等三角点の武石峰を目指すが、怪しい雲行きに諦めて自然保護センターから引き返した。

自然保護センターから王ヶ頭に登る歩径路脇が美ヶ原一番のお花畑が広がる事を知った。

 

2018年6月16日
天候 曇
北海道の山友ほろしり氏・佐々木女史と王ヶ頭再訪
山本小屋から王ヶ頭ホテルまでの牧柵沿いを歩いて王ヶ頭に立った。霧の中で360度の大展望が開けていないのは残念であった。

 

 

 


茶臼山 チャウスヤマ 標 高 2006m - 山 域 美ヶ原高原
牛伏山 ウシブセヤマ 標 高 1990m - 山 域
登 山 記 録
登山月日 2016年1月4日
登山経路 美ヶ原山本小屋・ふるさと館P9:40〜塩くれ場10:10〜茶臼山11:00/11:30〜塩くれ場12:20〜ふるさと館12:45〜牛伏山13:00/13:10〜高原美術館13:35〜ふるさと館13:55
行動時間 合計 4時間15分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス 和田宿から美ヶ原「山本小屋ふるさと館」まで冬季でも入れた
トレイル 積雪時でも案内看板があって安心して歩ける
水場・トイレ この時期はトイレは閉鎖されている
その他 雪が少なく牧場内の草地が表れていた
山行記

茶臼山山頂


美ノ塔から見る茶臼山


霞む八ヶ岳方面・牛伏山から見る美ヶ原台上

今年はスーパーエルニーニョの影響で正月過ぎても雪がなく和田宿からビーナスラインに入り美ヶ原台上まで難なく入ることができた。山本小屋のふるさと館前には県外ナンバーの車が数台止まっていた。スノーシューを持ってきたがつける必要もないくらいの小雪である。それでもせっかく持ってきたのでザックに括り付けて遊歩道を歩く。塩くれ場から三城に回る道に入り200mほどすると茶臼山への看板があり牧場内に案内された。歩いたばかりのトレースが残っていて後を追うが雪が少ないので窪地のトレースを追うより草地を適当に歩く方が歩きやすい。牧場を抜けると少し下って樹林の中を登り返して塩くれ場からは50分ほどの時間で茶臼山山頂についた。八ヶ岳から信州の南側にそびえる山々の展望が開けているが、春のようにカスミが掛かっているのは残念だった。
30分ほど滞頂し往路をふるさと館に戻った。車にザックを下ろしサブザックで牛伏山に登り、高原美術館から物見石山に向かう途中で自宅から電話が入り、物見石山をあきらめてふるさと館に戻った。


物見石山 モノミイシヤマ 標 高 1985m 山 域 美ヶ原
登 山 記 録
登山月日 2018年5月22日
登山経路 筆塚10:50〜物見石山11:00/11:15〜筆塚11:25
行動時間 登り 下り 合計30分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 単独
情   報
アクセス ビーナスラインが武石側に下る最高点が筆塚
トレイル 快適遊歩道
水場・トイレ 近くに道の駅 美ヶ原高原美術館
その他 筆塚付近はツツジの名所
山行記


物見石山頂と遊歩道から見る物見石山

武石側から美ヶ原高原に走り、道の駅への分岐を反対側の右に入ってビーナスラインに合流する前の最高点が物見石山への登山口筆塚であった。道路脇に車を停めて遊歩道に入る。遊歩道要る口付近はツツジの名所のようであるがまだ開花はしていなかった。一度小さなピークを踏んで膝丈の笹藪の中の遊歩道を10分ほど進むと岩礫の積み重なった物見石山山頂であった。天井が抜けたと言われる美ヶ原の全容を見渡せるが、北アルプスや八ヶ岳の展望はカスミが掛かっていて今一つであった。


三峰山 ミツミネヤマ 標 高 1920m - 山 域 中信高原
登 山 記 録
登山月日 2015年2月12日
登山経路 和田峠9:15〜ビーナスライン分岐〜稜線10:10〜三峰山11:15/11:20〜三峰山駐車場12:00/12:30〜和田峠13:15
行動時間 登り 2時間 下り 1時間15分 合計 4時間15分 (休憩時間・ロスタイム含む) 
天 候
メンバー 杉山さんチーム
情   報
アクセス R142和田峠トンネルまで国道
トレイル 雪上シール登高
水場・トイレ 夏道だとビーナスライン和田峠と三峰駐車場にトイレ自販機ありそう
その他 山スキーによる登山
山行記

稜線上から見る三峰山と強風の山頂

4日前に三峰山山頂直下で霧に巻かれホワイトアウトになり、登頂をあきらめた。今日は天気も良いので再アタックである。

中山道の古道の和田峠付近にビーナスラインに入る入口があり、冬期間はゲートで閉鎖されている。積雪は1m以上有るのでゲートが開いていても車の進入は無理である。ゲート前の除雪された場所に車を停めてビーナスラインに向かうと、すぐに和田峠スキー場跡の駐車場に着く。営業を中止して何年経つのだろうか。ここからビーナスラインが霧ヶ峰方面と美ヶ原方面に分岐している。美ヶ原方面に進み、林道をショートカットをしながらハイクアップである。
和田峠から1時間ほどで再びビーナスラインに出て、すぐに稜線に登ると目指す三峰山が見えてきた。西風が強い稜線を行き、樹林帯に入って一息入れる。新雪が吹き飛ばされてカリカリになった雪原を耐風姿勢を取りながら山頂を目指す。所々に露岩も現れ、ススキも見える稜線を歩いて和田峠から2時間丁度で三峰山山頂に着いた。絶景が広がっているのであるが風強く長居は無用である。シールを装着したままカリカリの雪原を下って、三峰山駐車場が真下に見える場所に来て、シールを外し、雪庇状を乗り越えてビーナスラインに滑降した。

風のないビーナスラインに下って昼食休憩を取った後、樹林帯に入って短い距離ながらパウダーを蹴って和田峠に下った。


4日前に登ったメンバー


鷲ヶ峰 ワシガミネ 標 高 1798m 日本百名山

山 域

霧が峰高原
八島湿原 ヤシマシツゲン    
車山 クルマヤマ 標 高 1925m
登 山 記 録
登山月日 2011年7月6日
登山経路 八島湿原駐車場10:30〜鷲ヶ峰11:20/11:40〜八島湿原12:20〜物見石13:15〜蝶々深山〜車山14:15/14:30〜車山肩14:55〜沢渡〜旧御射山神社15:30〜八島池16:00〜駐車場16:20
行動時間 合計 5時間50分 (休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス ビーナスライン
トレイル 人気のハイキングコースでよく整備されているトイレはコース各所にある
水場・トイレ 水場はないが休憩場所に飲料自販機ある トイレはコース各所にある
その他 ここはやはり時間をかけてゆっくり歩きたい

山行記


鷲ヶ峰


←八島湿原  物見石  車山方面→


車山湿原


←八ヶ岳方面  車山山頂  八島湿原方面→


沢渡付近から八島湿原               湿原の木道         コバイケイソウの当たり年

通りすがりに寄った八島が原湿原と車山登山では花の名山霧が峰を語ることは出来ない。ましてや日本百名山蓼科山・美ヶ原と一日三山を消化した百名山完登者なども勿論論外である。今日は日本百名山そして花の百名山霧ケ峰高原をじっくりと堪能しようと出掛けてきた。平日にもかかわらず八島湿原駐車場は満車状態であった。

先ずは砂礫の道を緩く登って鷲ヶ峰に立った。低い笹と草原の爽やかな道である。50分ほどで山頂に着き、三角点とを確認し昼食休憩を取る。
八島湿原に戻って鎌が池への木道を進む。湿原はコバイケイソウの当たり年である。鎌ガ池からは物見石への道に入り、少し泥濘のある登山道を行くと草原の中緩く登ってゆく。物見石に着くと車山が随分と近くになり、このまま駐車場に戻るのはもったいないと思い、大草原の広がる中、蝶々深山に向う。近郊の小学生のハイキングが賑やかだ。蝶々深山からは少し荒れたゴーロの道を車山湿原に下る。レンゲツツジの盛りは過ぎたが、こちらのコバイケイソウも見事なものだ。木道を進んで白樺湖が見えるスキー場に出る。リフトの脇を登って車山山頂に着いた。リフトを利用して登ってきた観光客が八ヶ岳や草原の景色に歓声を上げている。
リフト乗場に来て、案内看板を見ながら八島湿原への最短距離を確認していると、リフト管理の係員が親切に教えてくれた。八島湿原には山頂〜車山の肩に下り、沢渡・御射山をまわって戻る事にする。
車山の肩からの下り道にはニッコウキスゲが花開き、旧御射山神社付近にはお花畑が広がっていて、クリンソウ・グンナイフウロ・アヤメなどが咲き誇っていて、こちらにまわってよかったなと思った。八島湿原に戻って木道を進み八島池でコバイケイソウをカメラに収めて駐車場に戻った。

6時間をかけた霧ケ峰高原ハイキングはその魅力をタップリと味わう事が出来て大満足ではあった。

花の百名山霧が峰を彩る花々




霧ケ峰 キリガミネ 標 高 1925m 日本百名山

山 域

霧ケ峰高原
登 山 記 録
登山月日 2006年9月28日
登山経路 八島湿原散策(遊歩道一周)13:00〜14:15 
車山の肩14:45〜車山15:20/15:30〜車山の肩16:05
行動時間 合計2時間35分(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス ビーナスライン
トレイル 八島湿原は木道と砂利道の遊歩道 車山は山頂まで緩やかな登山道
水場・トイレ 登山道入り口にある
その他 簡単に入れる高原の別天地

山行記

日がな一日ゆっくりと高原の秋を満喫した。高山植物も盛りを過ぎて、リンドウなどの紫色色の花が名残を惜しんで咲いていた。


草紅葉が始まった八島湿原


車山


名残のリンドウが


大笹峰 オオザサミネ 標 高 1807m 信州ふるさとの山

山 域

霧ヶ峰

登 山 記 録
登山月日 2012年9月27日
登山経路

エコーバレースキー場駐車場10:10〜大笹峰11:00〜北の耳〜南の耳11:25/11;45〜駐車場12:30

行動時間 合計2時間20分 (休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 姫木平のエコーバレースキー場まで舗装道路
トレイル 中央分水嶺トレイルとしてハイキングコースが整備されている
水場・トイレ 登山口に休憩施設ある
その他 スキーで行きたいところ 霧が峰の裏コース

山行記


大笹峰から見る車山と大笹峰三角点

エコーバレースキー場の大駐車場に車を付ける。レストラン「ピステ」の先にスキー場の管理道路が延びていた。管理道路に入り適当に歩いてゆくとスキー場のはずれにハイキングコースの案内があり、樹林帯の林道を進むと中央分水嶺トレイルの看板があり緩く登ってゆくとあっさりと大笹峰山頂に着いた。山頂までは別の方面からリフトが伸びていて、ここは既に霧が峰高原の稜線の一部であった。北の耳〜南の耳と霧ケ峰高原の後方の稜線を伝い南の耳で草紅葉の始まった霧ケ峰高原を眺めながら昼食休憩をとった。

草原の先から小学生らしい集団登山の歓声を聞きながら展望を満喫し、草原を下ってエコーバレースキー場のゲレンデを一気に下って駐車場に戻った。


蓼科山・八ヶ岳方面  八島湿原・北アルプス→


大出山 オオデヤマ 標 高 1593m 信州ふるさと120

山 域

中信高原 旧和田村

登 山 記 録
登山月日 2013年5月24日
登山経路

長門町鷹山林道ゲート10:10〜星糞峠10:35〜松沢支線林道11:10〜送電鉄塔〜大出山12:50〜鉄塔13:00/13:30〜星糞峠14;10〜林道ゲート14:30

行動時間 往路 1時間40分 復路 1時間 合計 4時間20分 (休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 鷹山地区の林道ゲートまでは県道
トレイル 送電鉄塔までダートの林道歩く
水場・トイレ 水場は松沢支線林道に入ると沢水取れる トイレは星糞峠にある
その他 星糞峠は黒曜石採掘跡の史跡公園 大出山は和田村側からよく見える

山行記

 
旧和田村大出部落から見る大出山と星糞峠

旧和田村のふるさと名山大出山は霧が峰から鷹山に派生する山並みの先端にあり、中山道を行くと和田村の背後に見える山である。
大出山というから和田村大出部落からの登山道があると思うが、R142の和田トンネルの手前から鷹山方面に進み鷹山部落に入る手前の林道前に車をとめてそこから林道を歩く事にした。林道入口にはゲートがあり車の進入が規制されている。20分ほど歩くと黒曜石採掘の史跡公園が整備された星糞峠で休憩舎やトイレが完備していて驚く。林道はここで二つに分かれているが左に下る林道に入るがここにもゲートがある。実はこの林道反対側から延びてきていて星糞峠のゲートが7キロポイントであって道標も立っていた。あまり荒れていない林道を緩く下って、大出山の山頂付近に立つ紅白の送電鉄塔を見ながら5キロ地点に来ると松沢支線林道が分かれていた。松沢支線もとてもよく整備された林道で車でも十分走れる道路である。私は途中で紅白の送電鉄塔の手前の鉄塔付近に間違えて入り込み30分ほどのロスをした。そして林道に戻ってさらに山中にショートカットを試みて余計な汗を搾り取られながらも紅白の送電鉄塔に到着した。(松沢支線林道を忠実に歩けば紅白の送電鉄塔に着く)
大出山へは送電鉄塔から膝丈の笹を踏み分けながら数分の距離であった。山頂には標識は無かったが三等三角点の脇の雑木林に小さな山名プレートが下げられていて驚く事に立派な休憩舎があった。そして反対側から延びる薄い踏み跡程度の登山道も確認できる。大出部落からの登山道かと思うのであった。山頂をカメラに収めた後は大きく開かれた送電鉄塔の下に戻り昼食をとりそして蕨を摘みながら休憩した。帰路は林道を忠実に戻り星糞峠で一息入れた後駐車場所に下山した。

片道約6キロ・往復12キロの林道歩きの大出山ではあるが結構楽しみの多い大出山ではある。

 
星糞峠から林道を下ると目印の紅白の送電鉄塔が見える・鉄塔から数分の大出山山頂


 大出山 オオデヤマ  標 高 1593m 信州ふるさと120山

山 域

 和田峠

登 山 記 録
登山月日  2013年12月19日
登山経路

 旧和田村大出集落オートキャンプ場〜林道登山口9:50〜稜線〜大出山12:00/12:50〜登山口14:50

行動時間  登り 2時間10分 下り 2時間 合計 5時間 (休憩時間を含む)
天  候  曇
メンバー  川越市の吉川さんと

情  報

アクセス 大出集落オートキャンプ場からダートの林道を1キロほど進む
トレイル 案内看板なく踏み跡と赤ふを追う 
水場・トイレ オートキャンプ場にあると思う 水は登山口で取れる 
その他 こちらが大出山の表登山道と思うが、あまり歩かれていない

山行記

 
右側から小沢が合わさる登山口・尾根道を高度を上げると雪道になる

梅雨入り前に星糞峠から林道を伝って大出山山頂を踏んでいるが、吉川さんを案内しての2回目は表登山道ともいえる大出集落からの道を選んだ。
大出集落のオートキャンプ場から奥に延びる林道に入るとすぐにゲートがあったが解放されていた。狭く荒れた林道を500mほども進むと右側から小沢が合わされて広場があり、ここが登山口と思うが標識は何もない。赤布を信じて木挽きしたブル道に入り終点まで行くと尾根まではすぐであった。キノコ山の入山禁止の看板の下がる中薄い踏み跡を追う。尾根上に顕著な道があるが登山道とは言えない。尾根を外さないようにつけられた赤布を忠実に追うとやがて雪道となる。二つほどの小ピークを越えて少し岩場も見えるころになると見覚えのある東屋が立つ大出山山頂であった。山頂からは樹木の間に美ヶ原方面が良く見えていたが、霧ヶ峰方面は全英の山に隠されていた。また眼下には歩いてきた尾根の下に中山道和田宿が一望できる。まさにここは歴史の道中山道の山であることがわかるのである。
東屋で昼食休憩を取った後、軽アイゼンをつけて往路のトレースを外さないように下った。やはり星糞峠からの道よりは達成感のある表登山であった。

 
東屋の立つ大出山山頂


霧訪山 キリドウザン 標 高 1305m 日本の山1000

山 域

塩嶺高原
登 山 記 録
登山月日 2006年6月02日
登山経路 塩尻市下西条登山口9:50〜山頂11:05/11:45〜登山口12:30
行動時間 登り1時間15分 下り45分 合計2時間40分(休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 登山口手前まで舗装道路
トレイル アカマツ林のクッションの利いた登山道
水場・トイレ なし
その他 山頂にはオキナグサが植えられている

山行記


360度の展望台とオキナグサが咲く山頂

塩尻市からR153を伊那谷に向かって車を走らせる。右手に霧訪山らしき山容を見て適当に山に近寄る。野良仕事の古老に登山口を訪ねると、下西条からの登山口を教えてくれた。山中に車を入れるとそれほどの距離も走らずに登山口の駐車場に到着した。地元ナンバーの車が1台止まっている。
アカマツの林にジグザグ切ったトレイルはクッションが利いて気持ちが良い。少しは傾斜のきついところもあるが気になるほどのこともなく1時間15分で360度開けた山頂に達した。霞が掛かっていて遠望が利かないが方位盤を覗いてみるとここから見える山々が記されている。北アルプス・中央アルプス・南アルプスなどが一望できるようだ。そして近くには美ヶ原・霧ヶ峰等の中信の山々は指呼のまである。残念だが今日はそのうちのどこも見えない。
山頂の一角にはオキナグサが手厚く保護栽培?されていた。オキナグサをカメラに収めて山頂を後にした。
登山道脇に生えるワラビをひとつかみ採りながら・・・。
近くに住む者には毎日登山が楽しめる格好の山である

 


日本三百名山
信州百名山
鉢伏山 ハチフセヤマ 標 高 1928m

山 域

中信高原
登 山 記 録
登山月日 2002年8月4日
登山経路 鉢伏山荘から山頂周遊約1時間
行動時間 登り 下り 合計(休憩時間含む)
天  候 晴れのち雷雨
メンバー 単独

情  報

アクセス 崖の湯から車で登ろうとしたが、高ボッチ高原で草競馬が開かれていて,塩尻峠に迂回して、鉢伏山荘の駐車場についた。
トレイル 周遊道路
水場・トイレ 駐車場にある
その他  

山行記

15年も前になるが、松本には約二年仕事で滞在していた。鉢伏山のことは知っていたが、こんなすばらしいところがあっても登ることがなかった。
崖の湯から車で登ろうとしたが、高ボッチ高原で草競馬が開かれていて,塩尻峠に迂回して、鉢伏山荘の駐車場についた。
山は快晴であるが、近くに見える美ヶ原高原には雷雲が広がっていて雷鳴も聞こえる。いつこの山に来るのだろうかと不安になる。
鉢伏山荘からわずか20分の頂上にカメラを持って急いで向かった。
草原の頂上はお花畑が満開で写真撮影に訪れるものも多く、手軽に楽しめる山である。


鉢伏山 ハチブセヤマ 標 高 1928m 日本三百名山

山 域

中信高原

高ボッチ山 タカボッチ 標 高 1665m 信州ふるさと120山

山 域

中信高原

登 山 記 録
登山月日 2013年7月19日
登山経路

鉢伏山山荘駐車場〜鉢伏山散策(7:20〜8:00)  高ボッチ駐車場から高ボッチ山散策(8:20〜8:40)

行動時間 登り 下り 合計 (休憩時間を含む)
天  候
メンバー 単独

情  報

アクセス 高ボッチ・鉢伏山スカイラインを走る
トレイル 遊歩道が整備されている
水場・トイレ 鉢伏山荘 高ボッチ駐車場にトイレ・自販機有り
その他 信州のど真ん中展望抜群

山行記


鉢伏山山頂・高ボッチ山山頂

松本市崖の湯から鉢伏せ山に延びる道路を走り、塩尻峠からのスカイラインに合流し鉢伏山荘に着いた。早朝で誰もいない駐車場に車を止めて15分ほどで三角点を踏む。草原で絶好の展望台であるが下界から湧き上がってきたガスが北アルプスなどを覆い隠していた。しばらく散策したが晴れる様子も無いので往路を戻った。ニッコウキスゲなども期待して出かけたが高山植物はあまり見るものは無かった。

駐車場からスカイラインを戻り高ボッチ高原の大きな駐車場に車を着け、草原の中の遊歩道を400mほど歩いて高ボッチ山に着いた。高ボッチ山には三角点は無かったが大きな山頂標識が立っていた。山頂の南側には諏訪湖が眼下に望め、その先には南アルプス北部・富士山がシルエットを映していた。

 

山行の記録に戻る